現在地:放射線研究センターホーム > 地域に根付いた放射線施設活用による関西連携指導者人材育成

本事業は平成26年度末で終了いたしました。  
事業成果報告書 PDFが こちらからダウンロードできます。







放射線・原子力分野の指導的人材が豊富な関西の関連機関が連携し、大阪府立大学の放射線施設や 放射線測定機器などを活用した実践的な教育研修を、地方自治体、民間、一般市民など社会で活動する 組織における指導的立場の人々、そして大学院学生を対象として行う。
放射線に関する幅広い知識と高い安全取扱い技術を習得し、特に放射線防護を基盤とした リスクコミュニケーションの力を身につけ、住民の不安に対して適切に対処できる指導者としての 人材を育成する。

少人数のグループで、講習と実習 を含めた効果的研修内容です。

 研修は随時行っています。興味のある方は下記までお問い合わせください。 

消防署員の研修例
 放射線事故に対応するため、計測器や装備の利用技術を習得し、放射線管理区域を利用した 実践的模擬訓練を行う。

中等教育学校教員の研修例
 環境・エネルギーと放射線についての教育を行う中等教育学校理科教員を対象とし、 授業の方法や使用教材を考慮した研修を行う。

保健所職員、自治体職員の研修例
 放射線に関する基礎知識の習得と、一般市民へのリスクコミュニケーション能力の向上を目指す。

民間技術者の研修例
 放射線安全取扱い技術の習得と、専門性に適合した効果的な研修を行う。

一般市民(市民グループの代表者)の研修例
 放射線についての正しい知識に基づき、メディアなどからの情報を正しく理解し、それを一般の人々に伝えるための研修を行う。

大学院学生の研修例
 将来原子力に関連する分野のリーダーとなる契機になる研修を行う。

 研修内容例

項目 形態 内容
放射線の基礎 講義 放射線の種類、物質との相互作用、計測法
放射線影響と防護 講義 放射線の生物作用、人体影響、線量限度
リスクコミュニケーション 講義 危機管理、安全対策
放射線安全管理、法令 講義 障害予防法と関連法令
東電福島原発事故と影響 講義 原子力発電の基礎、事故の概要
放射線教育法 講義 新学習指導要綱に従った放射線の教育
エネルギー論 講義 再生可能エネルギー、原子力などの概要
放射線取扱施設見学 実習 放射線管理区域への入室体験
放射線計測 実習 放射線スペクトルの計測、解析
放射線安全管理模擬訓練 実習 危機管理、非常事態対策
放射線基礎実験 実習 放射線取扱体験、放射線防護

Get Adobe Reader PDFファイルをご覧いただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらからダウンロードしてください。